<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ママチャリ論争

d0171860_16432694.jpg
歩行者にも自転車にも危険な歩道上のブルーゾーン(自転車レーン)

倉敷に行った時、アーケード商店街の中を自転車が我が物顔で走っているのを見て驚いたことがある。自転車のアーケード内通行が禁止されている東京ではまず見かけることのない光景だった。
「エッ?こんな場所を自転車が!」というその時の驚きは、日本にやって来た外国人が、歩道を走っている自転車を見た時に感じる驚きとたぶん同じようなものだと思う。自転車が歩道を走る国は世界でもまれで、先進国では日本だけだからだ。

自転車は軽車両だから車道を通行するのが世界の大原則である。だが日本では、「自転車はどこを走るべきか」という論争がこれまで何度もくり返されてきた。日本でも昔は自転車は車道の左端を走っていたのだが、本格的なモータリゼーションを迎えた1970年代に車道での自転車事故が急増したのをうけて道交法が改正され、自転車の歩道(自転車歩行者道)通行が可能になった。それ以来日本は自転車が車道と歩道のどちらも走ることができることになり、同時に先進国中ダントツに自転車事故が多い国になった。
もともと自転車の歩道通行は例外措置であり道路のインフラが整備されしだい自転車は元の車道に戻されるはずだった。だが30年たった今も、歩道は幼児を乗せたママチャリや学校帰りの中学生たちが我が物顔で走る自転車天国になってしまっているのはご存知のとおりである。

10年ほど前の警察庁は、自転車を車道に戻すどころか、自転車の車道通行を全面禁止して自転車を歩道に追い出すための法制化を進めていた。だが自転車愛好家たちの根強い反対もあり、紆余曲折を経て今では警察庁は国交省と合同で自転車の車道通行を強化する方向に舵を切っている。
こうした方向転換に同調したのかどうかはわからないが、平成22年3月、東京・横浜・名古屋・大阪の4地裁は自転車と歩行者の事故について 、「歩道上の事故は原則、歩行者に過失はない」とする新基準を示した。
この新基準の意味するところは、歩道上で自転車が歩行者を傷つけた場合、たとえ歩行者側にも過失があったとしても、車道での自動車事故のような「過失相殺」は適用されず、状況にかかわらず自転車側に100%の過失があるものとみなすと司法が判断したということである。

これは自転車にとっては非常に厳しい基準である。だが、子供を乗せたママチャリのお母さんも、学校帰りの中学生も、自分たちがどれだけ大きなリスクを背負って歩道を走っているかを自覚していないように見える。警察庁が政策転換し、裁判所の新基準が示されても、自転車道のインフラ整備はいまだに進んでおらず、道交法の広報の徹底も不十分な現状では、これまで30年もの間歩道を走る利便を享受してきた自転車がおとなしく危険な車道に降りることは期待できない。

ママチャリのお母さんや中学生たちは、賠償責任を伴うような重大事故を起こした時に初めて自分たちの責任の重さを知り、驚き苦悩することになるのだろう。こうした現状は自転車にとっても歩行者にとっても危険きわまりないが、行政が積極的に動いているとは言えない。だが、自転車は車道か歩道かの方針が決まった以上解決策ははっきりしている。歩道には自転車と歩行者が住み分けられるスペースの余地はない。車道の自動車走行を制限して、自転車が安全に走ることのできる自転車レーンを車道上に確保するしか方法はない。
問題の焦点は自転車ではなく自動車なのである。
[PR]

by tsuigei | 2013-03-07 16:46 | COLUM

TPPはドラキュラ、TPPはセメント

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは
youtube by Ultlaman Taro 公開日: 2013/02/26


TPPのもつ危険性を分かりやすく解説した動画『アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは』に端的な日本語字幕をつけた「字幕バージョン」が有志によってアップされていました。
日本では、国民に情報を開示しないまま、政府・財界・マスコミが一体となってTPP交渉参加に前のめりになるという異常な状態がもう長いこと続いています。政権が民主党から自民党に交代してもどういうわけかTPP参加だけは鉄板です。
TPPのリーク草案を公表した市民団体「PUBLIC CITIZEN」のロリ・ウォラック氏が、「TPPはドラキュラです。陽に当てれば退治できます」と話しているように、TPPは交渉内容が外に漏れるだけで反対運動が盛り上がり交渉は間違いなく頓挫します。民主主義国に住む良識ある国民が納得できるような内容ではないからです。

米国にとっても日本にとっても、TPPの争点は農業や自動車・家電の関税ではありません。TPPは国と国の条約ですらなく、「1%」の多国籍大企業に特権を与え、金儲けが唯一の目的である彼らに国家の主権まで移譲するという正気の沙汰とは思えない異常なトンデモ条約です。それにもかかわらず、健全なジャーナリズムの声が小さな日本では、マスコミのメディアスクラムによって正しい情報が歪められているのが現状です。
限りなく胡散臭い秘密交渉であるTPPにどのような問題が隠されているのか。youtube(約15分)を見る時間のない人のためにテキストを起こしました。



d0171860_1259730.jpg

密室で進む米国と環太平洋諸国の貿易協定草案がリークされました。環太平洋経済連携協定(TPP)です。
リーク草案によると米国で営業する外国企業は、米国内の規制についての異議を国際法廷に持ち込むことができます。そしてそこで決まった裁定は国内法に優先され、違反には罰則を課すこともできます。

d0171860_130389.jpg

交渉担当はオバマ大統領が任命した米国通商代表部のカーク氏です。しかしリークされた草案はオバマ氏の選挙公約に反しています。2008年の選挙公約は、「環境や食の安全や国民の健康が守れなかったり、外国の投資家を優先する貿易交渉はしない」となっています。しかし、リークされたTPP草案には、著作権の保護を強化したり、医薬品コストを押し上げる規定もあります。
通商代表部は当番組への出演を断りましたが、声明を送ってきました。そこには「TPPの投資関連の提案は公益保護のため正当なものであり、差別的な政府規制を妨げるものではない」と書かれています。

d0171860_1304324.jpg

市民団体「パブリック・シチズン」のロリ・ウォラックさんです。
TPPリーク草案は同団体のウェブサイトで公開されました。
リーク草案でわかったTPPの正体とは?

d0171860_1312026.jpg

TPPリーク草案は、表向きは「貿易協定」ですが、実質は企業による世界統治です。加盟国には例外なく全ての規約が適用され、国内法も規制も行政手続きもTPPに合わせなければなりません。全26章のうち貿易関連は2章のみ。他はみな企業に多大な特権を与え、各国政府の権限を奪うものです。
私たちのサイトに掲載したTPP投資条項によれば、外国の投資家がTPP条約を盾に米国政府に民事訴訟を起こし、国内規制が原因で生じた損害の賠償を請求することができるのです。米国の企業がみな同じ規制を守っていてもです。これでは国庫の略奪です。

d0171860_1321143.jpg

極秘に進行するTPP交渉には議会も不満を申し立てています。約600人の企業顧問はTPP情報にアクセスできるのに、米国の議員はできないのですね?

d0171860_1324142.jpg

こんなひどい内容を、それもリークで知ることになるとは驚きです。内容がひどいだけでなく、これは「1%」が私たちの生存権を奪うツールなのです。
交渉は極秘で行われてきました。暴露されるまで彼らは2年半も水面下で交渉を続けてきたのです。600人の企業顧問には草案へのアクセス権を与えながら、上院貿易委員会のワイデン委員長はカヤの外です。彼はTPPを監督する立場なのに草案にアクセスできません。たまりかねた委員長が、自分には監督責任のある協定の内容を知る権利があるとする法案を提出するありさまです。

d0171860_133459.jpg

ワイデン氏は情報委員ですよ。核関連の機密も知る立場なのに、貿易協定という名の「企業の権利章典」は見ることができないのです。これは実に見事な「トロイの木馬」です。TPPは通りのいい看板の裏に表に出せない内容を仕込んでいるのです。
我々は製薬大手の特許権を拡大する条項も入手しました。これは医薬品価格を急騰させます。(TPP情報の分析や行動への誘いが私たちのサイトにあります)。
TPPはいわばドラキュラです。陽に当てれば退治できます。(陽に当てれば)米国や全ての交渉国で市民の反対運動が起きます。企業の利益の世界的な強制なんて私たちは許しません。民主主義と説明責任に反します。

d0171860_1334629.jpg

米国通商代表部から届いたコメントを読みます。
「我々はTPPの交渉経過には高い透明性を確保してきた。議員たちと協力し、関係者を毎回の交渉に招き、説明会や個別交渉によって透明性と市民参加を高めてきた」とあります。
これについては?

d0171860_1341842.jpg

透明性といっても市民にとっては「映らない鏡」にすぎません。確かに説明会で意見を言うことはできます。でも公益団体の意見はなにも草案には反映されていません。環境、消費者、労働者まで、公益はなにひとつ反映されていません。国民をまったく無視した過激なまでの強攻策なのです。
金融制度の安定のために各国が施行する金融規制にすら米国は反対しています。そこには米国民の意見が反映されていません。
でもまだ間に合います。
歴史的な観点でみてみましょう。
1990年代のFTAA(米州自由貿易協定)は2年かけて34カ国が協議し全法案が各国で公開されました。
TPP交渉は3年目ですが、一行たりとも公開されていません。おまけに締結後4年間は非公開という密約も明らかになっています。彼らは秘密をさらに隠すのです。
カーク代表に聞きました。「なぜ公開しないのか、お世辞にも透明といえないWTOさえ草案を公開したのに」と。彼の答えは「FTAA交渉は公開したら暗礁に乗り上げた」というものでした。

d0171860_135037.jpg

「それってどういう意味ですか?
密室でこそこそやる理由は、国民や国会に知られるだけで危うくなるような内容だから?」
ここはしっかり押さえる必要があります。
TPPの狙いは貿易ではなく、セメントのような作用です。一度固まったらおしまいなのです。(いったん決まったものは)全員が同意しないと変更できません。
リーク草案が示唆するのは司法の二重構造です。
国民は国内法や司法をつかって権利を守り要求を推し進めますが、企業は別だての司法制度を持ち、利益相反お構いなしのお抱え弁護士たちがいんちき国際法廷に加盟国の政府を引きずり出し、企業が勝手に集めた3人の弁護士が、規制のせいで生じた費用を弁済しろとか、不当な扱いをうけたとか言って政府に無制限の賠償を命じることができるのです。国内企業には同じ規制が一律に適用されているというのにです。
NAFTAにもこれと似た制度があり、その制度によって有害物質規制や都市区画法の補償として3億5千万ドルが企業に支払われました。こういう悪巧みは明るみに出すことで阻止できます。

d0171860_1355153.jpg

交渉に関わっている8カ国の国の名前は?
交渉方法の問題や、参加国が急増する可能性は?

d0171860_1362835.jpg

リークが重要な意味を持つのは、これが最後のTPP交渉になる恐れがあるからです。NAFTA以来、大企業は貿易協定を姑息に使って規制を押さえこみ、「底辺への競争」を煽ってきました。交渉のたびに規制が緩和され、企業の権限は拡大されました。今回がとどめです。彼らはセメントが固まった後で門戸を開き、広く参加国を募ることになるでしょう。TPPは企業の特権化を保証する世界的な協定になりかねないのです。
為替と貿易制裁が強制手段に使われます。TPPは強制力のある世界統治体制に発展する恐れがあるのです。これは世界的なオキュパイ運動に対する企業側の反撃です。TPPによって旧来の悪弊が一層ひどくなります。

さらに、交渉のゆくえによっては、既存の国内法が改変され、進歩的な良法が無効にされるばかりか、新法の制定さえできなくなる可能性があります。
TPP参加交渉国は、米国・豪州:ブルネイ:シンガポール・ニュージーランド・チリ・ペルー・ベトナム、これにマレーシアも加わります。(注:日本はまだ交渉参加していない)。
NAFTAと同じく、TPPには企業の海外移転をうながす特権があり、新たな特権も付与されます。
医薬品や種の独占権が強化され、医薬品価格つり上げのため後発医薬品を阻止する案まであります。オバマ政権が医療制度改革法案に入れた医薬品についても他国が使用する権利を奪おうと密談がされています。

各国の金融規制も緩和させられ、高リスク金融商品も禁止できなくなります。米国政府が金融制度改革で規制強化を進めている時だというのにです。
TPPは地方財政にまで干渉します。全国で搾取労働の撤廃や生活賃金を求める運動が広がる中で、TPPは地域産業の優先を禁じます。地産地消や国産品愛好は許されないのです。環境や人権に配慮する商品も提訴されかねません。
また、TPPは企業に凄まじい権力を与えることになります。密室交渉が彼らを過激にさせたのでしょう。しかしどの国の人々もこんなものは御免なはずです。過激な条項を推進しているのは米国政府です。だから陽の目にさらして分析することが重要です。何が起きているか人々に知ってほしいのです。

d0171860_1371234.jpg

ダラスで説明会が行われた際、カーク通商代表が演説しましたが、「イエスマン」が元市長になりすましニセの授賞式を行いました。
「ご参集ありがとうございます。テキサス企業協会からのお知らせです。2012年企業パワーツール賞の受賞者は米国通商代表部です!
通商代表部のたゆまぬ努力に感謝します。特に力を入れているTPP交渉は、市民の意見にはおかまいなく、企業利益を最大にするためです。」

d0171860_137577.jpg

次回のTPP交渉は7月4日の週末です。
いかがですか?オバマ大統領はどう対処するのでしょう?サラ・ジェシカ・バーカー邸(http://goo.gl/ALXrI)で資金集めパーティをするようですが。金融業界の献金額はロムニー候補に約4千万ドル、オバマ陣営へは480万ドルで、ウォール街もオバマ離れしています。オバマ氏は金融業界にはロムニー氏以上に良くしているつもりでしょうけど。

d0171860_1383013.jpg

オバマ大統領については2通り考えられます。
1つはTPPが密室交渉だったので、オバマ大統領が把握していなかったケース。だから国民や議会に警告するためにリークは重要でした。大統領による通商代表部の監督が甘かったため、クリントン時代にNAFTAを通過させた連中に好きにやられてしまったのでしょう。
もうひとつは結局お金です。「1%」を喜ばせるための協定なのです。「1%」の連中の夢なのです。ありったけの金とロビイング力をつぎ込んで、彼らが未来永劫に力を振いたいのです。

d0171860_1385732.jpg

「パブリック・シチズン」のウォラックさんでした。

※動画の字幕からテキストに起こしましたが、動画から離れることで意味がとりにくくなったり、不自然に感じる個所については独断で一部加筆しました。文責は当方にあります
[PR]

by tsuigei | 2013-03-07 12:55 | TPP