カテゴリ:映画( 3 )

『ブレイキング・バッド』 シーズン5 第14話:「オジマンディアス」

『ブレイキング・バッド』
シーズン5 第14話:「オジマンディアス」

d0171860_2153036.png


『ブレイキング・バッド』は事実上この第14話で終わったとみなしていいだろう。残る2話はここまでドラマに付き合ってきた視聴者への閉幕の挨拶にすぎない。長い物語は幕を閉じたのである

家族の将来のためにやむなく手を染めた犯罪が、皮肉にも悲劇的な形で家族を崩壊させる結果を招いた――とこのドラマを総括することはできない。もし家族のためであったなら、メス製造で十分な金を手にした時点でウォルターは犯罪から手を引いていたはずだし、そうしていたら家族崩壊という悲劇は避けられた(それではドラマにならないが…)。

ジェシー・ピンクマンは何度もウォルターに問いかけた。「もういいだろう、十分稼いだじゃないか。何が目的なんだ」と。職業的殺人者であったマイクでさえも切りのいいところで手を引いた。
しかしウォルターは、犯罪から足を洗うように頼むスカイラーを振りきってその後もメスの製造を続けた。もはや家族のためでも、金のためでもなく、才能を発揮できるメス製造こそが彼の自尊心を満足させる精神の“根拠地”となり、生きがいにもなっていたのだ。「家族のため」という当初の動機は後退し、ウォルターは“根拠地”を守るためには殺人をも厭わぬ正真正銘の犯罪者へと転落していった。
だが、ダークサイドに堕ちたにもかかわらず、一家の大黒柱として普通に家族を守り、普通に幸せな日常生活を送ることが可能と考えたウォルターの見通しの甘さが、無残な形で家族を崩壊させる結果を招いたのである。

しかし、ウォルター自身がすべては家族のためだったと思い込んでいたのは確かだろう。第14話で、追い詰められて逃亡を余儀なくされた段階でも、「まだやることがある」と彼が言ったのは、1100万ドルを自分の死後どういう方法で家族に残すことができるかという算段に違いない。家族が崩壊した後も、それでもウォルターは夫・父親としての義務を果たそうとしているのである(なんか、男という生き物はつらくて切ない)。


保険制度の不備なアメリカ社会で、余命いくばくもない癌患者の中年男が、脳性麻痺を患うティーンエージャーの長男と、これから生まれてくる長女のために何がしてやれるかと考えた時、例え犯罪に手を染めてでも彼らの将来のために必要な金を残してやりたいと思いつめた心理は理解できる。
このドラマの人気は視聴者の多くがウォルターの犯罪行動を是認したことを示している。番組が進むにつれてかなりあくどい犯罪者へと変貌したにもかかわらず、視聴者はウォルターに共感し、ウォルターを非難するスカイラーへの反発を強めた。弱者に過酷なアメリカ社会の現実にくじけず立ち向かい、やがて強者へと変貌していったウォルターの姿の中に、視聴者(おもに男たち)は男の立身出世のプロトタイプを見出したのである。最後は悲劇に終ったにせよ、ウォルターという人物を、自力で成り上がった男(self-made man)の成功物語の主人公と受け止め、そうしたウォルターにおのれの姿を投影しながら視聴者はドラマに熱中したのである。

「家族を守るためならどんなことでも許される」とする考えはアメリカ映画ではお馴染みのテーマとなっている。例えば、『96時間』のリーアム・ニーソンは誘拐された娘を救出するためパリに飛び、殺人や破壊活動といった犯罪行為をやりたい放題して暴れた。すべては娘を救出するためであり、家族のためという目的であればどんな手段であっても正当化される(べき)とする手前勝手な価値観が多くのアメリカ映画の(かなり誇張された形だが)通奏低音となっている。『ブレイキング・バッド』もその流れの中に位置するドラマである。
果たして、こうした価値観は家族愛としての美徳の一種なのか、それとも、弱者を“負け犬”として冷徹に切り捨てるアメリカ社会の底辺から聞こえてくる切ない悲鳴なのだろうか。


                *****

第14話も納得のいく展開だったが、今回は話が暗すぎてあまり楽しめなかった。
残る2話でどんな余韻を残してくれるのか、楽しみに待つことにしよう。
長い間楽しませてくれてありがとう。まれに見る傑作でした。
[PR]

by tsuigei | 2014-07-12 21:01 | 映画

映画【キャプテン・フィリップス】を観て思うこと

d0171860_858444.jpg

【注意】(この映画に“ネタバレ”に相当する内容はないと思うけど、これから観る予定の人は読まないことをお勧めします)。まず最初に断っておきたいのはこの映画は娯楽アクション大作として第一級の優れた作品であるということである。その上で書きますね。

フィリップス船長のコノテーションはフロンティアの開拓者でありソマリアの海賊は善良な開拓者を無慈悲に殺す野蛮なインディアンである。善良で罪の無い開拓者がまさに殺戮されようとする瞬間、突撃ラッパの音とともに騎兵隊が駆けつけ開拓者を救いインディアンは正義の名のもとに処刑される。以上がこの映画の梗概である。

『キャプテン・フィリップス』では、馬の代わりに駆逐艦が、騎兵隊の代わりに米海軍特殊部隊(シールズ)が駆けつけ、処刑する相手がインディアンからテロリストに変わっている点が西部劇との違いである。
この映画をフィリップス船長の個人体験として見れば彼は我々にも馴染みのある隣人であり彼に感情移入し同情することはたやすい。一方、テロリストのリーダはその容姿言動からして我々と価値観を共有しない不気味なエイリアンとして描かれている。この映画のテロリストのリーダーの外見は我々がテロリストに対してイメージしている“アイコン”にうまく適合している。彼らの風貌を見ただけで正義がどちらの側にあるか“アイコン”を通じて無言のうちに伝わるのである。

この映画は(製作者や監督が意図したかどうかは別にして)、フロンティアで起こる騎兵隊とインディアンの対立という西部劇映画の伝統的作劇の延長線上に位置づけられる映画である。そしてこの映画から伝わってくるメッセージは、フロンティアを開拓する善良で罪のない米国市民を脅かすインディアン(米国的価値観を共有しない他者)たちは文明を理解しない野蛮人と見なして容赦なく処刑殲滅する。それが米国の揺ぎない国家意思である―― というメッセージである。

21世紀になった今も、米国の“フロンティア”は果てしなく拡大しているのであり、我々はいまだにジョン・ウェインの西部劇映画と地続きの映画を楽しんでいるのである。米国は日本人も“インディアン”のカテゴリーに入れているかもしれないというのに。
[PR]

by tsuigei | 2013-12-09 09:00 | 映画

部品でありエンジンでもある大衆の存在

d0171860_13453737.jpg

岩波ホールで上映されている映画『ハンナ・アーレント』に行列ができるほど観客が駆けつけている。なぜ今ハンナ・アーレントのような一部のインテリしか馴染みのない難解な政治哲学者が注目されているのか。日本の政治状況とどのような関係があるのかを考えてみたい。

ネットには、特定秘密保護法案がらみで安部首相をヒトラーに見立てるパロディがあふれている。だが凡庸な首相でしかない安倍晋三をヒトラーに見立てるには無理があるし、ヒトラーのように単独で日本を支配している独裁者も存在しない。日本を動かしている原動力は、特定の政治家でも官僚でもない。日本中にwebのように張り巡らされた“非人格的なシステム”がエンジンであり、そのシステムが日々粛々と作動することで日本は今日も動いているのである。

そのシステムが抱えている深い闇を我々に嫌というほど見せつけたのは安倍晋三首相でも秘密保護法案の真の立案者である官僚組織でもなく、福島原発事故後表舞台に引き出されてきた原子力ムラのメンバーたちの異様とも思える言動だった。
彼らの驚くべき無責任体質とウソにまみれた発言に我々は大きな怒りを感じた。その怒りは官邸前を取り囲む大規模デモとして現れた。だが実は我々自身も原子力ムラの上位にある“日本ムラ”の住人であり、我々一人一人が日本ムラのシステムの一部分として組み込まれ、日々の仕事を通じてシステムを維持していることにも気づいたのである。原子力ムラのメンバーたちのおぞましい姿は、我々自身の姿を映し出す鏡として登場したのである。

この現実に気づいた時、ハンナ・アーレントが洞察した“悪の凡庸さ” http://goo.gl/Ucq2jq という概念と、我々の平凡な日常生活との接点がありありと見えてきたのである。我々は原子力ムラを構成する面々の無責任な言動に激しい怒りを向けたが、実は我々自身も広い意味で“当事者”の一人だったのである。分業によって構築された現代社会では個人はあらゆるものと無関係ではいられない。社会活動のあらゆるものと部品としてつながっている。社会や組織と隔絶した存在ではいられない個人のありようを“発見”し、当事者の一人としての視点を自覚する必要性を説いたのがアーレントだったのある。この“当事者の一人”としての認識を欠いた批判は真実に到達できず、その先にいかなる解決策も見いだせないと気づいた人たちがアーレントを求めたのである。

『ハリーポッター』の作者ローリングは2008年のハーバード大学の卒業講演で次のような内容のことを述べている。 http://goo.gl/MG9tNB

“他人に関心を示さず、他人の痛みを想像しようとせず、個人の経験内だけで快適に過ごすことを選び、他の環境に生まれたらどんなふうだっただろう?などどとは考えず、世の中の不快なことに心や気持ちを閉ざし、現実を知ろうとしない人間、他人と共感しようとしない人間がモンスター(独裁者)を生み出す。自分が悪事を行わなくても無関心を通して悪と共謀してしまう”と。

我々がアトムのようにバラバラに切り離された存在(大衆)であるかぎり全体主義の格好の標的とされることをアーレントはナチス支配下のドイツ研究から学んだ。大衆が独裁者を生み出したのでありヒトラーは大衆の存在がなければ生まれなかった。我々がいくら社会と関わらず一人だけで孤立して自由に生きていると思っていても、市民として生活している以上結果的に“当事者”として社会と関わることは避けられないのである。批判の矛先を政治家や官僚機構に向けると同時に自分にも向けなければならないのである。我々は小さなひとつの歯車にすぎないと同時に巨大な日本丸を動かしているエンジンでもあるのだ。なにも“一億総懺悔”を説きたいわけではない。社会には“持てる者”と“持たざる者”がいる以上両者を同列に語ることはできない。しかし特定の個人や特定の組織の責任ですますことのできない問題を抱えているところに現在の政治状況の困難さが横たわっているのである。

たとえ、当事者の一人として個人の責任を自覚したとしても、すでに定着した日本ムラの堅牢さと複雑さに困惑してしまうことだろう。このシステムの一部としての自分の存在を否定することは往々にして今の生活を捨てることにつながるからである。一部の勇気ある市民や独立して経済的地位を保てる人たちだけしかシステムの外に出ることはできないだろう。残念だが悲観的な結論しか出てこない。現代社会を構成するヒエラルキー(ホロン)http://goo.gl/ctqcrv の中で“部品”として働くことを余儀なくされている我々の立ち位置を変更することは絶望的な困難を伴うからである。

原発事故以来、この現実を突きつけられて正直なところ途方に暮れている。だがどこかに出口はあるはずだ。
[PR]

by tsuigei | 2013-12-05 13:13 | 映画